こんにちは、SoLA2です。空いた時間にフリーランスとして働いていることも稀にありますが、基本的には会社の役員として働いています。そのほとんどは家でのリモート作業です。

ここ半年はリモートで働いているので、そろそろリモートで働く際のメリットデメリットをまとめてみようと思います。

リモート作業のメリット

リモート作業の場合下記のようなメリットがあります。

  • 在宅ワークなので通勤の必要がない
  • 基本的にハングアウトをつないでいるのでコミュニケーションが円滑
  • 外食などの回数が減り、健康的になる

在宅ワークなので通勤の必要がない

以前の職場は品川にあり、自宅から1時間30分くらいかけて毎日通勤していたのですが、その時間がすべて他の時間に充てられるというのは素晴らしいメリットかと思います。また、交通費等の経費が抑えられる点もよかった点です。

基本的にハングアウトをつないでいるのでコミュニケーションが円滑

うちの会社では、業務時間内で可能な時は基本的にハングアウトにつないでおくことになってます。ですので、事務所で作業するのと変わらないレベルでコミュニケーションをとることができます。

むしろ物理的な移動の必要がなく、画面の共有も簡単にできるので円滑にコミュニケーションをとることができるケースもあります。

外食などの回数が減り、健康的になる

これは人によると思いますが、私の場合、事務所に行くとどうしてもコンビニやラーメン屋などでご飯を済ますケースが増えるので、不健康な食生活になりがちです。家にいれば少なくとも昼にラーメン屋へ行くことはなくなるため、食生活は改善されました。
※ですが下記で説明するデメリットに記述しております通り、太ります。

リモート作業のデメリット

リモート作業の場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 仕事とプライベートがあいまいになりがち
  • 運動不足になり太る
  • 曜日感覚が狂う
  • ネットが繋がらないとコミュニケーションが取れない

仕事とプライベートがあいまいになりがち

仕事場が自宅なので、プライベートな時間との線引きが難しくなります。私はもともと仕事の内容自体が趣味みたいなものなので、問題ないのですが、ワークライフバランスを気にする人にとってはデメリットとなるかもしれません。

運動不足になり太る

これはかなり深刻です。仕事が忙しくなると1週間外出しないなんてこともあります。そうなると、運動不足がかなり深刻になります。体が重くなり、久しぶりに外へ出ると少しの坂でも疲れてしまうようになります。趣味で定期的に運動することをお勧めします。

曜日感覚が狂う

これも忙しいときに感じることですが、外に出ないと曜日感覚が狂います。タスク管理ツールでカレンダーは毎日見るので特に仕事に支障はないのですが、どうしても感覚の部分で曜日があいまいになると不安になります。

ネットが繋がらないとコミュニケーションが取れない

基本的にハングアウトでコミュニケーションをとっているので、インターネットが繋がらない、もしくは回線が遅くなっているとコミュニケーションが取れなくなってしまいます。私も半年のうちに2.3回経験しましたが、その時は直接電話することで何とか対応しました。

まとめ

リモート作業のメリット、デメリットについて触れてきましたが、いかがだったでしょうか?仕事は相手がいるものなので、リモート作業も相手の理解を得られないと、なかなか実現が難しいかと思います。

リモートでの作業はいまだデメリットの方が大きいイメージですが、相手との工夫次第で、かなり時間の節約を可能にします。一度思い切ってリモート作業を採用してみてはいかがでしょうか?