皆さんこんにちはSoLA2です。

「ごちゃごちゃ考えてないで、とりあえずやってみたら?」
「なんか知らんけど、体が勝手に動いてた」
「行動してから考えればいいんだよ」

自己啓発系のセミナーに行くと1回は耳にするのではないでしょうか?ちなみに私は自己啓発系セミナーはあまり好きではありません。私が自己啓発系セミナーを嫌いな理由は別記事で紹介しているので、興味があれば読んでみてください。

それって思考停止じゃないんですか?

「とりあえずやってみる」や「とにかく行動が大事」という思想、私も概ね同意見なのですが、兎にも角にも「行動あるのみ」は若干違うと私は思います。

この世知辛い世の中、結果が全てなのです。過程が大事だという意見も重々承知してます。ですが、一番大事なのは結果です。結果が伴ってこその過程なのです。

つまり、行動したところで結果が伴わないのであればそれは無意味。むしろ時間を浪費した分、マイナスであり損失なのです。その経験が生きるときがある?いやいや、その失敗、晩御飯食べてお布団入ったら翌日には忘れてますよ。

ストイックになりましょう。この記事で言いたいことはそれだけです。どうするのか、簡単です。目標を決め、細かく細分化し、達成率を常に管理する。たったそれだけです。

目標を達成できた時は、次の目標を立て、達成できなかった時は、なぜ達成できなかったのか、次達成するためにはどのような改善が必要かを考えましょう。常に考え、そして常に行動するのです。

「とりあえずやってみる」は常に行動するという点では正しいのですが、常に考えるという点で正しいとは言えない。それは前に進んでいるようで、目標から遠ざかっている可能性があるのです。

よほど無茶な目標を立てない限り、努力した人は必ず報われます。努力しても報われない人は、その努力が正しくないだけです。改善できる部分をストイックに探しましょう。

そんな人生楽しいの?

目標をストイックに追い続ける人生が楽しいのか?という質問をされたことがあります。私の答えは単純で、「目標によっては楽しいし、楽しくないかもしれない。」といった感じです。

何もせず、ただだらだらと時間を浪費するひと時は素晴らしく贅沢だと私は思います。なので、特にやりたいこともなく、必要性も感じないのであれば、努力なんてしなくてよいのではないでしょうか。

私が目標を追い求める理由は、たった一つ。時間を浪費する贅沢と、その目標を達成したいという思いを天秤にかけた時に、後者が重かった。それだけのことです。

そもそも、何が何でも達成したい目標がある人からすると、当たり前のこと過ぎて疑問にもならないと思います。どちらが良いとか、優れているとかではなく、価値観の違いですね。

まとめ

「取り敢えずやってみよう」という考え方は、目標を達成したい人にとっては、半分正解だが、常に考え、行動を是正し続けることも忘れなければ更に良い結果を生むことになる。