皆さんこんにちは、SoLA2です。

自分の興味がない事をやっている時間て退屈ですね。その作業が将来自分の役に立つとわかっていたとしても、面倒なものは面倒くさいのです。

とはいえ、気持ちの面だけであれば割り切って何とかできますよね?そう、退屈な時間には「睡魔」が付きまとうものなんです。

睡魔はコントロールできる?

私の経験上の話になりますが、眠気には2種類あります。一つは疲れていて体が本当に睡眠を必要としている時。もう一つは、退屈で脳がさぼろうとしている時。

前者はコントロールとかいう次元ではないです。寝ましょう。ですが後者に関しては、確実にコントロールすることができます。

疲れていて体が本当に睡眠を必要としている時

皆さんも経験があるかもしれません。体が本当に睡眠を必要としているときは、もう抗いようもないくらい、突然意識が落ちます。

運転中だろうと、運動中だろうと、たとえ他人と会話してようが、まるで最初からそうなることが決まっていたかのように。抗おうとすればするほど眠くなる。瞼が重くなる。

大声を出しても、皮膚を思いっきりつねってみても、呼吸を止めてみても、空気を入れ替えてみても・・・10秒、いや5秒後にはそのことすら忘れて、意識を失いかける。

解決方法はただ一つ。寝る事です。○○までに終わらせなければならない作業があるから・・・、運転中だから・・・、作業のキリが良くないから・・・。という理由は寝ない理由になりません。その状況に陥った時点でもうタイムアップなのです。潔く怒られる覚悟だけして、寝ましょう。

退屈で脳がさぼろうとしている時

こちらはコントロール可能な睡魔です。要は脳がスリープ状態になっているので、起こしてあげればよいのです。という事で私が実践している脳の起こし方を紹介します。

トイレに行く

座りっぱなしの作業をしているときに有効なケースです。体を動かすと、それだけで頭がすっきりします。少なくとも30分くらいはスッキリした状態になるでしょう。

可能なら、軽く体をストレッチしてます。というのも、ずっと座っていると、足がむくんですごくだるくなるので。。。

窓を開ける・空調を調整する

締め切った部屋にずっといると、頭がぼーっとしてきます。窓を開けることで、空気と共に頭もリフレッシュします。また、室温が不適切だとやはり作業効率が落ちるようです。

他人も一緒に作業している場合、エアコンの温度調整は難しいですが、あまりにも熱い場合は、温度を下げてしまうのもかなり有効な手段です。

他人と会話する

話題は何でもいいです。会話することで今までぼーっとしていたのがウソのように頭がシャキッとします。

もし話し相手がいないのであれば、大声で歌うのも効果的です。私は一人で運転しているときに、この方法で幾多の睡魔たちを撃退してきました。

まとめると・・・

他にも上げればきりはないのですが、要は眠くなる作業とは一旦違う事をしたり、五感を刺激することによって、眠気が抑えられるので、皆さんも自分なりの眠気対策を編み出してみてください。

そもそも眠くならない方法はないの?

今まで上げた方法はどれも眠くなった時にどう対処するのかといったものでした。ですが、そもそも眠くならなければよいのでは?という事なのですが、これに関しても私の経験上一つ対策していることがあるのでご紹介します。

姿勢と表情を改善することで眠気はブロックできる

猫背にならず正しい姿勢を保ちつつ、表情も明るく保った状態で作業をしてみて下さい。普段の姿勢が悪い人はかなり意識をしないとすぐに元の姿勢に戻ってしまいます。

むかし演技の先生から、「姿勢」や「表情」を適切にすることで、「呼吸」や「声のトーン」と結びついて、結果的によい演技になる。と教えてもらったことがあります。

これはつまり「作業に前向きな自分」を上手に演じることで、「眠そうな自分」という不適切な要素を意図的に取り除ける素晴らしき手法なのでは!とひそかに思っています。

まとめ

というわけで長々と書いてきましたが、まとめると以下の3要素になります。

  • 本当に疲れて眠い → 寝よう
  • なんかやる気でない → 五感を刺激するような気分転換をしてみよう
  • これから面倒な作業をする → その作業をやりたくてたまらない自分を演じてみよう。(姿勢と表情を意識)